ふわふわでもちもち!米粉のかぼちゃマフィン

ふわふわでもちもち!米粉のかぼちゃマフィン

こんにちは。米粉kitchen大豆粉bakeへようこそ。
管理人のいづみです。
このブログでは、管理人が想う、体にやさしい日々のおやつレシピをご紹介しています。

今回は、米粉のかぼちゃマフィンを作ります。かぼちゃはレンチンでOK。米粉ならではのふわふわでもちもちの食感を、ぜひ味わってみてください。

早速レシピをどうぞ♪

ふわふわでもちもち!米粉のかぼちゃマフィン

材料     

6個取れマフィン型4個分

  • かぼちゃ(正味)  150g
  • 米粉    60g
  • アーモンドプードル  10g
  • ベーキングパウダー   4g
  • 米油やクセのない植物性オイル   30g
  • てん菜糖   30g
  • 卵   L1個
  • 無調整豆乳または牛乳など   10g
  • シナモンパウダー   2g

下準備

  • 卵と無調整豆乳を常温にしておく
  • マフィン型にグラシンをセットする

作り方

  1. かぼちゃの種とワタを取り、皮をし適当な大きさにカットする。
  2. 耐熱ボールにカットしたかぼちゃを入れ、600Wのレンジで2分30秒~3分くらい加熱する。
  3. 柔らかくなったかぼちゃを潰し、熱いうちにてん菜糖を加え混ぜ、溶かす。

  4. 卵を割り入れよく混ぜる。
  5. 米油を加えよく混ぜ、無調整豆乳も加えしっかり混ぜる。
  6. 粉類を加え、ゴムベラでボールの底から全体をきれいに混ぜる。

  7. 生地を型に入れ、かぼちゃの種を散らし、170度のオーブンで20分ほど焼く。
  8. つまようじで刺して、ゆるい生地がくっついてこなければ完成!
  9. ケーキクーラーやあみの上に置き、あら熱が取れたらラップで覆うか、ナイロン袋をふわっとかぶせて乾燥を防止する。

オーブンの温度と焼き時間は目安です。おうちのオーブンの様子を見ながら焼いてくださいね!

保存方法や解凍について

米粉のマフィンは焼いた当日が一番おいしくておすすめです。
翌日食べる場合は、常温保存でOK。ただ、暑い季節は冷蔵庫に入れてください。

数日保存する場合は、1個ずつラップで包みジッパーつきの保存袋に入れて冷凍しましょう。
解凍は
📌常温で3時間~(季節による)です。

📌冷蔵庫の場合:ひと晩ゆっくり時間をかけ解凍したのち、
・ラップのまま600Wで30秒~、様子を見ながら追加で加熱する
・グラシンを外し、霧吹きをしてアルミ箔に包んでトースターで温める(時間とW数は機種によりマチマチ )

2週間を目安に食べきるのがおすすめです。長く保存すると、風味が飛んだり冷凍臭がしたりします。
早めに食べるのが、おいしいですよ♪

かぼちゃの旬は?

かぼちゃといえば、秋から冬のイメージが強いような気がしますが…本当の旬はいつなのでしょうか?

夏と冬

かぼちゃの旬は夏と冬の2回あります。最も多く収穫される時期は7~8月で、北海道は少し遅く8~10月です。冬に販売されているかぼちゃは、夏に収穫したものを追熟したものなのですね。夏のかぼちゃはあっさりした甘さ、冬のかぼちゃは寝かした分、こっくりした甘さ…という感じがします。

外国産がある

旬はあるけど年中、手にはいります。それは外国産の輸入かぼちゃが販売されているからです。産地はメキシコやニュージーランドが多いです。

9月に入ると、国産かぼちゃをたくさん見かけますよね!反射的に、プリンやらマフィンやらスコーンやら、いろいろ作りたくなるのは私だけでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございます。
今回は、米粉のかぼちゃマフィンをご紹介しました。

楽天roomに材料や型・道具を載せています。
良かったら参考にしてくださいね!

また一緒におやつを作りましょう!